1998しし座流星群観測会結果報告

・しし座流星群とは

正式名称:Leonids

母天体:テンペル・タットル彗星(55P/Tempel-Tuttle)

しし座流星群はテンペル・タットル彗星がまき散らした塵の中に地球が遭遇し、その塵が地球上に降ってくることで起こるものである。彗星の周期の関係で33年ごとに大流星群を期待することができる。

・物理部しし座流星群観測会

観測環境

観測日時:1998年11月17日午後9時〜11月18日午前5時40分
観測地:岡山県小田郡美星町黒木せとうち天文同好会観測所
観測方法:眼視観測(10人)
       ビデオ撮影(3人、イメージ・インテンシファイアーを使用)
       写真撮影(2人、1眼レフカメラ2台使用・フィルム感度ISO800)

しし座流星群観測会の総括
物理部部長 鈴木健正
 11月17日から18日早朝にかけて物理部部員15人と顧問の清水先生は美星町黒木のせとうち天文同好会観測所でしし座流星群観測会を開催した。時折雲が空を覆うような空模様ではあったが、空に月はなく、きれいな天の川を空いっぱいに見ることができる暗さであった。
 この観測会では「先発隊」という班がつくられた。この班の役目はまだ空の明るい午後五時頃に現地に集合し、予めカメラ等の機材の準備を完了しておくことである。これによって日暮れの早いこの時期に闇に邪魔されることなく準備する事ができると同時に、残りの部員は観測開始ギリギリまで休息をとることができた。
 17日午後8時30分に全員が現地集合、早速流星数記録用のメモ用紙や防寒用の毛布を準備し、午後9時に半数の部員が観測開始。また写真やビデオ撮影の担当者は機材操作の確認に入った。しかしこの時間帯は空の大部分が雲に覆われ、ほとんど流星を確認することができなかった。天気が気になったため、先生が臨時に設置してくださったパソコンで部長は気象庁のホームページにアクセス、アメダスや時間予報を確認した。これ以上天気は悪くならないらしく、パソコン画面を見ていた部員達はホッと胸をなで下ろした。
 同日午後11時、部員全員が観測態勢に入った、この時間からは全員が朝まで不眠で観測を続けることになる。相変わらず空の7〜8割を雲が覆っていたため、確認できた流星数も平均で10分間に2つ程度。
 18日に入ってようやく雲量も少なくなってきた。この日の午前2時頃には平均で10分間に10ほどの流星を、最も多くの流星を確認した部員は20近くを確認した。またこの時間帯になると、あまりの輝きで影ができる流星、「火球」も見え始めた。ジャコビニ流星群でこれほど明るく緒の長い流星を見ることのなかった部員達は「すごい」「きれい」と感激を表していた。
 しかしこの時間帯になるとしし座流星群のピークをマスコミが煽った影響か、ヘッドライトの明かりが目立ってきた、観測者にとって強い光は大敵である、眼が明るさに慣れることで暗い流星が確認できなくなり、写真は台無しになってしまう。睡魔におそわれている部員にイライラが募り始めた。
 この日の午前4時頃には10分間で12の流星を、最も多くの流星を確認した部員は23の流星を確認した。物理部にとってはこの時間帯が流星群のピークであった。
 そして午前5時40分、観測終了。しかし気温1℃という寒い中一晩中外で眼視観測を続けた部員は死にそうな表情で、前日の元気などは全く感じられなかった。先生はあるだけの車に暖房を入れ、部員の暖まることのできる環境を作った。
 そしてパソコンで写真観測担当の部員によって眼視観測の結果が集計され、電子メールで「天文甲子園」の本部にデータが送られた。集計データ送信の迅速さは全国237団体の中で4番目であった。これは部員の素早いデータ処理能力の賜であろう。
 その後観測所の片づけもままならないまま、午前6時に部員は学校へと引き上げた。
 物理部ではこの観測会のために万全の準備をして臨んだつもりであったが、車のヘッドライトによる観測障害が起こったり、予想以上の寒さで一部の部員が18日の授業で体調を崩すなど、準備に予測しきれなかった点は反省しなければならないことである。しかし部員は壮大な天体ショーを見たことに感動を覚えたのは確かである。流星や天の川を始めてみた部員もいた。この現代、この環境で我々は星を見る機会が徐々に失われているのは間違いない。だから物理部はこれからも夜空を見上げ続け、星を見ていくことの楽しみを味わっていきたい。

眼視観測の結果

leograp.gif (19327 バイト)leoleo2.gif (18952 バイト)

しし座流星群の写真(物理部顧問清水先生撮影) 

leopic.jpg (6460 バイト)

Photo by T.Shimizu(写真をクリックするとより鮮明な画像をご覧になれます 42KB)

マスコミの反応

1998年11月19日付中国新聞

chugoku.gif (20615 バイト)

記事内容

天体ショー3000人「見た!!」
美星 しし座流星群観察会

 三十三年ぶりの天体ショーをじっくりとこの目に―。しし座流星群の出現ピークといわれた十七日深夜から十八日未明にかけて、小田郡美星町には、三千人近いファンが詰め掛けた。主要道路では渋滞が生じるほどで、天文施設などに行き着けず、路上のあちこちに車を止めて夜空を見上げる姿も見られた。

ピーク時 10分間に30個も

 中世夢が原であった流星群を見る会には、分厚い防寒着に身を包んだ愛好者やカップルが続々と訪れ、芝生に寝転がって夜空の演出を楽しんだ。
 星の乱舞を全国でとらえようと高校の天文クラブ員らが初めて試みた「天文甲子園」に参加した高校生も町に集中した。
 せとうち天文同好会観測所に集まった笠岡高校物理部の十六人は、肉眼でのカウントのほか、カメラや八等級の星までとらえられる高感度ビデオを構え、本格的。「流星雨にはならなかったが、ピーク時には十分間に三十個程度流れ、輝きで陰ができるほどの火球(かきゅう)も一分間に四個見られた」という。
 部長を務める二年鈴木健正君(一七)=笠岡市神島=は「見えたり、見えなくなったりと気まぐれだったが、花火のようにいくつも流れ、夜空を引き裂くほど長く見えた流星もあった」と感動していた。
 しし座流星群は、三十三年周期で太陽を回っているテンペル・タットルすい星が放出するちりが、地球の大気圏突入時に発光する現象。