物理部新聞第4号(1998年8月29日発行)

講義室電源ショートにより一時使用不可
 八月二七日午後、原洋貴物理部副部長が文化祭発表の「電気パン」の試作中に誤って電極を接触させたまま、コンセントをさしたため、電極から火花が発生し、それにより30A(アンペア)のヒューズを二本飛ばすという事態となった。この事故で物理講義室、準備室の一部の電源が一日にわたって使用不能となり、文化祭の準備をしていた物理部、二年七組の作業に影響がでた。この事故による怪我人はなかった。
 鈴木健正物理部部長の話
 「電気パン」制作によるこのようなトラブルは薄々予想はしていたが本当に起こってしまうとは…。制作方法に何らかの改善点を施していきたい。 
 原洋貴物理部副部長の話
 多くの人に迷惑を掛けて大変申し訳ないと思っている。これを教訓にしてこれからの活動に臨んでいきたい。  
 清水司物理部顧問の話
 (昨年のガラス割り事件に続いて)また原か、という気持ちだ。ヒューズ二本とはめちゃくちゃだ。

「電気パン」「ワタアメ」ほぼ完成
 物理部が文化祭で発表する「電気パン」「ワタアメ」が八月二十六日、二十八日相次いで完成した。ただ「電気パン」にはショート防止、「ワタアメ」には機械の欠陥改善などの問題が残っている。鈴木健正物理部部長は「完成の見通しは立っている。」と話している。

物理部あの人この人(第四回)
harakao.jpg (1451 バイト)原 洋貴
(物理部副部長)
物理部で最も行動力のある部員。
物理部の他に演劇部、総務部でも活躍している。今年はロボコンで陣頭をとる。

コラム 笠岡のプロバイダ
 今回のコラムは笠岡にアクセスポイントのあるプロバイダ(ダイヤルアップ接続)を簡単に紹介します。(編集者が知っている限りで)
 ・OCN(15時間まで2300円)
 ・アーバンインターネット (年間30000円 HP 10MB) ・晴れの国ネット(年間20000円 HP 10MB)
 ・TIKITIKI(年間9800円 HP 10MB)

編集後記
 先日物理部顧問がRSK(テレビ局)から取材を受けました。この模様は九月頃の報道特集で放送予定だそうです。ぜひご覧下さい。部員も映っているかも…

前号    戻る    次号