物理部新聞第2号(1998年6月22日発行)

文化祭へ向けていよいよスタート
 物理部が文化祭の準備を開始した。文化祭発表となるワタアメ製造器作りのボックスが早くも1つ完成している。さらには電気パン用のステンレス板も二十日に入手した。今年は早めに文化祭発表の準備を完了させる計画であるため、七月中には、部員がワタアメを手に持っているという状況も予想できる。物理部部長は「文化祭は大丈夫。問題はロボコンだ。」と話している。

物理部のロゴマーク決定
 物理部のロゴマークが6月15日正式に決定した。本紙にも使われているこのロゴはPhysical Clubの頭文字を図案化したものだ。上向きの力がはたらいている円形の物体は「常に上を目指す」、U字型磁石は「幸運を引き寄せる力」の意味が込められている。「このロゴマークを覚えて下さい。」と物理部部長は話している。

物理部あの人この人(第二回)
shimizup.jpg (3477 バイト)清水 司 物理部顧問
笠岡高校物理部の顧問に就任して今年で2年目、物理部で行われた土星食観測、パソコンの制作、ロボコン出場などは彼の力無くしては絶対実現しなかったであろう。まさに物理部のブレインであり「顧問」の英訳語であるADVISERという言葉がぴったりだ。今年も頑張ってもらいたい。なお今年は2年7組の担任でもある。

コラム WINDOWS98日本語版7/25発売決定
 米マイクロソフト社はWINDOWS98日本語版を7月25日に発売することを発表した。WINDOWS98はインターネットエクスプローラー4.0と融合しており、さらにはON NOW機能やFAT32が採用されるようだ。物理部では既にWINDOWS98を採用するかどうかの検討が行われている。

編集後記
 物理部新聞第二号がわずか一週間で発行されました。だからといって物理部新聞は週刊ではありません。あくまで不定期発行です。なお来週は編集長が武者修行に出発するので、もしかしたら発行されないかも…

前号    戻る    次号