2001年6月7日 クモリ

 頭いたい、胃が痛い、誰がこの気持ちをわかろうか? というような状態でこの日の物理部の部長さんの活動は始まった。でも痛くて痛くて仕方がなかったのだが、「おい、三木」と呼ぶ声がしたのでいってみると案の定清水先生からのお呼び出しだった。何の用なのか聞いてみると「コンデンサを爆発させるか?」とか言われるので、こっちは思わず「はぁ?」と聞き返したが、清水先生は危険だから気をつけるようにといわれると実験の手順を説明しさっさと部長さんに実験準備を任してコンデンサを物色し始めてしまった。「先生ぇ、かんべんしてくださ〜い」といいたくなるような状況の中、どうにか準備を終えるといよいよ実験開始。電圧を電気容量以上に蓄えたらどうなるか? 当然のように爆発! ポンという音とともにコンデンサは藻屑となってしまった・・・。あぁ、なんてコワいんだ。その後、12個ぐらい爆発させた跡終わりとなったが、実験の最中も「発ガン物質」とかいわれるのでめちゃくちゃコワい放課後でした。

2001年6月8日 ハレ

 本日は文化祭についての計画書をがんばって書いていたが、なんと今年は放送部が参加しない?らしいという情報を入手したのでめっちゃくちゃHappyな状況になった。なにせ去年においては部長さんはマジ切れ状態、そして会計さんすら切れまくり状態の中でBRP−FMをしていたのだから。今年の新入部員はしらないとは思うが、あれは本当にキレる! 計画書を書いて出せば「よくわからない」、アドリブでしなさいといえば「子細な計画書がないと無理です」ときたもんだ。マジで切れてもしょうがない、とは思う。それはともかくとして他にもホバークラフト&プリクラ&五択という定番もやるのでそちらのほうもがんばりたいなと思いつつ計画書を書いている放課後だった。

2001年5月31日〜2001年6月6日まで

 球技大会があり、実力テストがあり、部長さんは死んでいました。ち〜ん。